凶気の桜 | ぷるぷるたいむ

映画100番

2002年11月17日映画

全然想像してたのと違う内容、
「自称ナショナリスト」
の少年がヤクザの世界に巻き込まれて 痛い思いをして大人になる話。
てゆーか、この話、全然「ナショナリスト」じゃなくても成立するし、
主役の少年に、ちーとも「ナショナリスト」らしさがないんですけど・・・。
うーん、普通の奴が主役なら別に、どういう奴かって説明は いらないけど、ああいう特殊な人間が主役だと、その辺の説明 サボると、まるで感情移入できなくなるんだよねー。
まぁ、そういう立場の人間を主役に持って来れた、という意味は 小さくないからいいと思うんだが・・・残念。

マイ評価・・・ 1000円